チワワの飼い方のコツ!初心者におすすめのしつけのポイント

2019年5月8日

チワワは小さくて可愛い人気の犬種。

常にベストスリー入りするほどの人気があります。

でも意外に、あの小さな体からは想像できないくらい、気が強くて勝気だったりします。

実は体の小さい動物ほど、憶病だけど強気で威嚇性があったりします。

これは大きな相手にも負けないためなんです。

厳しい自然環境の中で生き抜くために、おのずと身に付いた特性といえるのではないでしょうか。

だからチワワも互いに漏れず、そんな一面を併せ持っています。

したがって、他のワンちゃんや人間にも非常に警戒心が強い。

だからパピー期の子犬のうちからしっかりしつけを行わないと、吠え癖がついたり、甘噛みしたりするようになってしまいがちです。

ほっておけば、本気で噛みついてしまうような、問題犬に育ってしまう可能性も生じてしまいます。

チワワは超小型犬のため、つい抱っこばかりして、室内で過保護に育てやすいものです。

でも甘やかすのは厳禁。

注意しないと、リーダーが逆転してしまうことも多くあります。

こうなると、チワワはかえってストレスを感じてしまう原因になったりしてしまうのです。

本来、室内のみならず、散歩をさせて幼少期から外の世界にもなじませてあげ、「散歩好き」にしてあげることが大切。

体の小さなチワアはよく、室内の運動のみで十分と言われます。

でも、有酸素運動となる散歩は健康にいいし、何と言っても他のワンちゃんたちと出会ったりして、社交性が身に付きます。

人間でも同じですが、甘やかすのはダメなわけですね。

チワワは賢くしつけのしやすい部類の犬種です。

飼い主さんは、犬の本質を学び、しっかりとチワワの正しい飼い方やしつけ法を身に付けるべきです。

今回、初心者の飼い主さんにも役立つように、飼い方のコツやおすすめのしつけのポイントを分かりやすく紹介します。

チワワを飼う準備を整えよう

チワワを飼おうと決心したならば、やはりいい子に出会うことが大切。

ウチのチワワのビビは、姉貴の一目惚れで、運命の出会いが合ったわけです。

笑っちゃいますが、姉貴が曰くところでは、「可愛すぎる天使の顔立ち」だったそうですよ。

足しげく、機会を作ってはペットショップを訪れていたから、そんな出会いも生じたのでしょうね。

「チワワを購入する際の3つのポイント」

チワワ購入時の注意すべき3つのポイントを簡単に紹介。

ポイント1元気で体が丈夫で健康なこと

何と言っても元気で健康が一番。

これを超えるポイントはありません。

その後で、見た目が可愛いなんて要素を加えていきましょう。

ポイント2その犬種自体の特徴がしっかり出ていること

ワンちゃんには、犬種ごとの特徴が何点かあります。

その犬種の特徴がしっかり現れているワンちゃんがおすすめです。

チワワの特徴を調べて、何点か箇条書きにメモってチェックするといいですよ。

ポイント3飼い主の生活環境にワンちゃんの性格が合っている

飼い主さんの生活環境は様々なはずです。

小さな子供がいたり、ワンルームマンションに住んでいる。

留守しがちとなったり、帰りが遅い。

とにかく千差万別なわけです。

だから本来であれば、家族構成や住宅事情も含めてあなたの生活環境に適したワンちゃんを選ぶのがおすすめです。

しかし今回は、チワワに決定しています。

チワワはお利巧で忠誠心も旺盛で、初心者にもとても飼いやすいワンちゃんです。

チワワなら絶対おすすめですよ。

「ブリーダー」

ブリーダーってしっていますか?

ブリーダーとは、犬の飼育繁殖を仕事にしているスペシャリストです。

だから、ブリーダーから直接子犬のチワワを入手するのもおすすめです。

あまり馴染みのない方が多いかも知れませんが、愛犬を飼おうと決心したケースでは、少し調べてみるといいですよ。

情報は手軽にいくらでも手に入ります。

愛犬雑誌やネットを調べれば、たくさんのブリーダーの連絡先が紹介されています。

試しに一度チワワで検索してみましょう。

チワワを取りあつかっている、多くのブリーダー情報が入手できますよ。

「メリット」

飼育状況や親犬が実際に見えるのが一番のメリットです。

また、たくさんの子犬を見比べることもできます。

さらに、譲り受けるギリギリまで、子犬が母犬と一緒に過ごしていることができます。

そのため、子犬にストレスが生じていません。

多くの他のワンちゃんたちと一緒に暮らしているので、自然に社会性も身に付いています。

親身に相談に乗ってくれるブリーダーが多いですよ。

魅力一杯のブリーダー購入ですが、ペットショップのように近くにはない可能性が高いです。

そういう面では手軽であり、みなさんが最もペットを購入する機会が多いのがペットショップでしょう。

「ペットショップ」

ペットショップなら、あなたの家の近くにもいくつかあるはずです。

気軽にのぞけるのが、ペットショップの最大の利点。

とにかく複数のペットショップに足を運んでみることが肝心です。

実はこれが、ベストのいいチワワを見つけるための一番のコツなのです。

ペットショップを見比べてみれば、特徴が見えてきます。

結構ペットショップの差が感じられるものです。

「チェックポイント」

・清潔なこと。

簡単にチェックできて意外に差が生じるのが、清掃状態です。

ケージの中の排泄物が、すぐに片づけられることは絶対条件。

この清掃がないがしろにされているお店は、子犬の扱いなど全てに同様の心配が起こり、健康管理などは特に信頼ができないものとなります。

・種類の多さ

ある程度のワンちゃんの種類がある方が当然ですがおすすめです。

中にはブリーダーとの契約なのか、この犬種が強いなんてお店もあります。

チワワに力を入れてくれているショップがあれば最高ですね。

・店員さんの接待

必ず店員さんと実際に会話をしてみましょう。

・ワンちゃんに愛情を持っているか?
・犬に対しての知識があるか?
・対応が親切か?

実際に店員と話してみることで、上記のようなことがすぐに感じとれるものです。

お気に入りのペットショップを何店か見つけて、頻繁に通ってみることが、あなたにとって相性のいいチワワと出会う、ベスト方法となることでしょう。

サークルを買って準備万端

チワワを飼う決心をしたケースにおいては、前もってサークルを用意しておくべきです。

サークルはチワワにとって、安心できる自分専用のお家だと感じることができます。

新しい飼い主さんの家に移ることは、子犬のチワワにとっては急激な環境の変化。

どうしても強いストレスを感じたり、戸惑いや不安を抱えてしまいます。

そのため、チワワが少しでも早くリラックスできる、安全な落ち着ける居場所の確保が必要となります。

段ボールなどで、とりあえず間に合わせることも可能ですが、チワワ購入を決心した以上は、必ずサークルを買って準備しておくのがおすすめです。

初めてあなたの家に訪れた時が、子犬のチワワにとっては、最も不安な状態なわけです。

そのためには、少しでも早くリラックスできる環境を整えてあげるべきです。

サークルは必需品なので、どうせ購入するのであれば、必ずチワワが最も不安を抱く、初めてあなたの家に来た時に与えてあげられるように用意しておきましょう。

チワワの子犬は午前中に向かえてあげよう

実はとっても大切なのが、チワワの子犬を向かえてあげる時間帯。

しっかりスケジュールを立てて、必ず午前中の間にチワワの子犬を向かえてあげましょう。

とにかく初めてあなたの家にチワワが移って来る時が、一番不安だと肝に命じてください。

何でもないように感じがちですが、明るい間に向かえて慣れさすのが結構大切なコツなのです。

人間だって、初めて訪れる場所に暗くなって到着すれば不安ですね。

ワンちゃんを飼うにあたっては、自分の気持ちに置き換えて考えればいいのです。

犬だって同じ生き物、何ら人間と変わりません。

つまり家族の一員になるわけです。

チワワとの共同生活は楽しいですよ。

これでもかという一杯の元気や、数え切れない楽しい思い出がもらえます。

子犬のチワワにも、あなたの家に来られて幸せと感じさせてあげましょうね。

さてここでちょっとしたおすすめポイントの紹介です。

ペットショップなどから購入した際に、例えば寝床に敷いてあったタオルや、遊んでいたおもちゃなどをお願いしてもらっておくのがおすすめです。

臭覚に優れたワンちゃんにとって、嗅ぎなれた匂いは凄く効果があり、嗅ぎ慣れたニオイのしみ込んだタオイルを敷いてあげれば、子犬のチワワが初めての環境にいち早く馴染んで、安心できるためにはとても有効な手段になります。

「子犬の到着時の心がけ」

子犬のチワワが到着した際の重要な心がけを述べておきます。

とにかく最初は、そっとしておいてあげましょう。

小さな子供がいるケースなどでは、嬉しくて我慢が出来ずに、どうしても子犬のチワワを抱いたり触ったりしてしまうものです。

しかし最初は、構い過ぎるのはNG。

初めての飼い主さんにチワワは緊張して、不安を感じながら様子を伺っているのです。

まだ慣れていない状態で構い過ぎてしまえば、ストレスを与えてお腹を壊したりしてしまいますよ。

最初に家に着いた時には、とにかく休ませてあげることが大切。

子犬のチワワもひと眠りすれば、大分落ち着けます。

自然にチワワの方からだんだん寄ってきます。

そうなればしめたもの、優しく怖がらせないように相手をしてあげましょう。

午前中の明るいうちに連れてくれば、このように焦らずゆっくり接してあげられる時間の余裕も生じるものなのです。

チワワのしつけのポイント

子犬の幼年期の時期から、しっかり甘やかせずにしつけることが大切です。

ワンちゃんは本来群れ社会で生活していたため、群れのリーダーに絶対服従するという習性があります。

だから飼い主のあなたが、リーダーであるとチワワにしっかり認識させることが必要です。

人間の家族が群れになるわけです。

そして飼い主がリーダーだと認識することで、チワワの行動を抑制して従わせることが可能となります。

ある程度しっかりと、暗黙の人間生活のルールに従わせるようにしつけることが大事であり、これがチワワと快適に暮らす一つのポイントになります。

しつけの一番大切なポイントが、おおいに褒めてあげることです。

そして適度にしっかりしかること。

チワワにとって、信頼するリーダーから褒めてもらえることは、とても嬉しく魅力的なことであり、本能的に求めている要求なのです

なお、最初はいろんな失敗をしがちですが、初めからあまり強くしかり過ぎないように注意してあげましょう。

どうしても叱り過ぎてしまうと、萎縮してしまい怯え、チワワ本来の明るさが失われてしまいます。

意外に叱り方一つでも難しいものなのです。

叱った後では、コミュニケーションをとって遊んであげるといいですよ。

今回のしつけの紹介は、ポイントと心構えのみ。

次の機会で詳しくまたしつけについては紹介していきます。